シドとジャス☆100日間のプリンセス

◆親密度0

image

「俺の言うこと、聞けるな?」
「ワン!(難しくなければ出来る)」
「ジャンプ」
「クゥン…(頭ぶつけた…)」
「伏せ」
「ワン?(…寝てもいい?)」
「取って来い」
「ワォーン(しょうがないな)」

◆親密度20

image

「3回回って、お手」
「ワ、ワォン…(…ふらふらする〜)」
「俺を枕にするな」
「ワワン(シドの腕、気持ちいい)」
「どうした?」
「ワン!(シド、構って!)」
「ワンワンッ(遊び足りないよ!)」
「元気だな、お前」

◆親密度40

image

「そんなに舐めるな」
「ワンワワン!(僕の愛情だよ!)」
「ブラッシングしてやる」
「ワン(シド、優しい)」
「尻尾ちぎれるぞ」
「ワンッ(早くおやつくれ)」
「来い、撫でてやる」
「ワォン?(ご褒美は?)」

◆親密度60

image

「ワン!(シド、構って!)」
「しょうがない奴だな」
「ジャスだけじゃなく、俺にも構え、じゃじゃ馬」
「ワンッワン(シドは素直じゃないよね)」
「ワン!ワワン!(もっと、僕に構って、プリンセス)」
「待て、俺が相手してやる」
「ワンワン!(プリンセス、もっと撫でてー)」
「おい、そんなに、甘やかすな」
「ワンワーン!(プリンセスもシドも、大好きー)」
「…お前、プリンセスが好きなんだな」
「クゥ…?(シド、妬いてるの?)」
「お前、あっち行ってろ」
「クーン…?(プリンセスと2人で何するの?)」